履歴書

連絡先

RUSHAN ZIATDINOV (ジアディノフ ルーシャン) 准教授

住所:大韓民国 大邱広域市 達西区 新塘洞1000

   学校法人 啓明大学 工学部 産業・経営工学科4308室

電話番号: (+82)-53-580-5286

Skype: rushanziatdinov

E-mail: (a) ziatdinov.rushan@gmail.com, (b) ziatdinov@kmu.ac.kr

人物紹介

ジアディノフ ルーシャンは、韓国の大邱にある啓明大学の工業工学科の教授です。

 カマ州立工科大学(現在はロシアでトップランクの名門大学であるカザン連邦大学の一部)で、機械工学と企業の経済学と制御の数学的方法の分野で修士号を取得し、数学的モデリングの博士号を取得しています。また、ロシアのウリヤノフスク州立大学(旧ウリヤノフスクのロモノーソフモスクワ州立大学)で数理モデリング、数値手法、プログラムソフトウェアの博士号を取得しました。

 最初のキャリアは、タタール州立人文教育大学の幾何学および数学モデリング学部、及びトゥポレフカザン国立研究技術大学(カザン航空大学)の特別数学学部で助教授の役職に就きました。その後、韓国のソウル国立大学に移り、造船海洋工学科のコンピューター支援設計情報技術研究所(CADIT研究所)のポスドクを務めました。

 2011年から2015年まで、トルコのイスタンブールの教員でした。

 2013年7月、彼はSAMSUNG SDIに選ばれ、韓国で働くよう招待されましたが、教授としての仕事を続けることに決めました。

 その後、ソウル国立大学(2012、2014、2016)および日本有数の国立大学の1つである静岡大学(2013、2014、2020)の客員教授を務めました。

 研究対象は非常に広く、コンピューター支援幾何学設計、CAD/CAM、美的形状モデリング、科学および工学におけるコンピューターモデルの使用、教育技術、コンピューターおよび現実的なモデリングが含まれます。

 また、いくつかの工学および教育ジャーナルの編集者であり、トップジャーナルに掲載された一連の原稿の著者でもあります。

 趣味は、詩の執筆と朗読、引用とことわざ、写真撮影、ビデオの作成です。

また、チェスを好み、チェスの変則の1つを提案しました。

ジアディノフ・ルーシャン教授は、2021年9月から韓国で最も歴史のある英字新聞、コリアタイムズ(韓国日報の姉妹紙)でゲストコラムニストを務めている。彼の著作はインターネット上で見ることができます。
https://www.koreatimes.co.kr/www/sublist_811.html

出版物のご案内

出版物の一覧は、以下のサイトでご覧いただけます。

https://www.ziatdinov-lab.com/research/publications

プロフィール その他の関連項目とデータベース

職歴

2020年3月1日以降:韓国 大邱 啓明大学 工学部 准教授

科目:実用的なコンピューティング、計算、エンジニアリング英語、バーチャルリアリティアプリケーション、コンピューター支援設計とアプリケーション、実験計画(計算実験)、シミュレーション、MATLABでのエンジニアリングプログラミング

2015年9月1日-2020年2月28日:韓国 大邱 啓明大学 工学部 産業経営工学科 助教授

科目:実用的なコンピューティング、計算、エンジニアリング英語、バーチャルリアリティアプリケーション、コンピューター支援設計とアプリケーション、実験計画(計算実験)、シミュレーション、MATLABでのエンジニアリングプログラミング

2011年6月6日-2015年8月31日:トルコ、イスタンブール ファティ大学コンピュータ教育技術学部助教授

科目:計算、社会科学の基本計算、コンピューター科学者のための技術英語、科学計算入門、コンピューターハードウェア、オペレーティングシステム、デスクトップパブリッシング、教育におけるグラフィックスとアニメーション、コンピュータープログラミングの基礎、組織における技術管理

2010年6月2日-2011年5月31日:韓国ソウル国立大学 海軍建築海洋工学科コンピュータ支援設計情報技術研究所(CADITラボ)のポスドク研究員

研究分野:幾何学的モデリング(スプライン、曲線や表面の等幾何学的分析など)、コンピューター支援幾何学設計、コンピューター支援設計、工業設計、応用幾何学

2009年9月-2010年5月および2010年5月-2011年9月(休暇中):ロシア、カザンのトゥポレフカザン国立研究技術大学(旧カザン航空大学)の特別数学科の助教授(博士号取得)

科目:数学的分析

2008年8月31日-2010年5月27日:ロシア カザンにあるタタール州立人文教育大学の幾何学および数学モデリング学部の助教授(博士号を取得)(現在はカザン連邦大学の一部であり、トップランクの ロシアの名門大学)

科目:数学教育の情報技術、幾何学の情報技術、高等教育の情報技術、解析幾何学、微分幾何学、射影幾何学、数学、情報学

2006年9月21日-2007年6月30日および2007年9月1日-2008年6月30日:ロシア カザンにあるタタール州立人文教育大学の数学情報学部の助手(講師)(現在はカザン連邦の一部) 大学、ロシアでトップランクの名門大学)

科目:コンピューターモデリング、オペレーションズリサーチ、コンピューター代数システムの数理計画法

客員教授歴

2014年8月18日-2014年8月24日、2013年; 2020年2月:国立大学株式会社 機械工学科 現実モデリング研究室 客員教授-静岡大学(日本)

題目:「視覚的な境界に沿った情報の集中」

研究分野:視覚、人間とコンピューターの相互作用、情報科学

2012年1月23日-2012年2月3日、2014年6月から7月、2016年2月:ソウル国立大学海軍建築海洋工学科(韓国)のコンピューター支援設計情報技術研究所の客員教授

研究プロジェクト(2012):単調多項式曲率関数を使用したスパイラルによる2点G2エルミート補間

研究プロジェクト(2014):マクラウリンセグメントの拡張分数を補間するための単調領域の可視化(日本大学吉田典正教授と共同)

教育と資格

2005年10月1日-2008年6月18日(博士号講演日):ロシアのウリヤノフスク州立大学(以前はウリヤノフスク市のロモノーソフモスクワ州立大学として知られていました)にて、物理学および数理科学の博士号(専門:05.13.18-「数理モデリング、数値手法、およびプログラムソフトウェア」、卒業証書番号087815)

2009年6月19日(PhD卒業証書発行日):ロシア連邦教育科学省(モスクワ、ロシア)の高等証明書委員会の決定による。

2000年9月1日-2005年6月22日(修士号発行日):経済学の数学的方法のMS(専門:0618-「機械工学企業の経済学と制御の数学的方法」、証書番号BCB 0289397)、カマ州立工科大学 研究所(ロシア ナーベレジヌイェ・チェルヌイ市 )(現在、ロシアでトップランクの名門大学であるカザン連邦大学の一部)

2005年7月6日(MS卒業証書登録日):番号16435で登録。

論文タイトル:「公共株式会社 KAMAZ での自動車価格生成の統計分析」

学術雑誌編集者としての経歴

  1. [Web of Science(ESCI)、Scopus、ERIC]副編集長(2012年以降)European Journal of Contemporary Education、ISSN 2304-9650、Academic Publishing House s.r.o.スロバキア(ブラチスラバ)発行。

  2. 編集委員(2015年3月以降)、Machine Design、ISSN 1821-1259、セルビア(ノヴィサド)にあるノヴィサド大学が発行。

  3. [Web of Science(ESCI)、Scopus]編集委員(2014年以降)Informatica、ISSN 0350-5596、スロベニア(リュブリャナ)にあるSlovenian Society Informatikaが発行。

  4. [Web of Science(SSCI)、Scopus、ERIC]編集委員(2014年以降)Journal of Research on Technology in Education、ISSN 1539-1523、Taylor&Francis、英国発行。

  5. [Web of Science(ESCI)、Scopus]編集委員(2015年以降)トムスク工科大学紀要、ISSN 1684-8519、1903年以来、ロシアのトムスクで継続的に発行されています。

  6. 編集委員(2015年以降)「Vestnik Komp’iuternykh i Informatsionnykh Tekhnologii」(コンピューターおよび情報技術のヘラルド)、ISSN 1810-7206、出版社「Spektr」ロシア(モスクワ)

  7. [Web of Science(SCI Exp。)、Scopus]編集委員(2015年以降)Maejo International Journal of Science and Technology、ISSN 1905-7873、タイのMaejo大学発行。

特集論文

Web of Science (SCI) journals with impact factor

  1. 現代の幾何学的モデリング:理論と応用、数学、ISSN 2227-7390 2020年 共同研究者:三浦健二郎教授(日本)

  2. 現代の幾何学的モデリング:理論と応用 II、数学、ISSN 2227-7390 2022年 共同研究者:三浦健二郎教授(日本)

Web of Science (ESCI) and Scopus indexed journals

  1. デジタル時代のGeoGebra、European Journal of Contemporary Education 2013年 共同研究者:Daniel Jarvis 教授(カナダ)

  2. コンピューター支援学習、マルチメディアインストラクショナル、学習、デザイン、開発、将来の学習デザインの方法、European Journal of Contemporary Education、2016年共同研究者:Ismail Ipek 教授(トルコ)、Omer Faruk Sozcu教授(トルコ)、Yuri S. Tyunnikov教授(ロシア)

  3. アカデミアと産業における学習と教育のための教育技術の新しいアプローチと新たな傾向、European Journal of Contemporary Education、2017年

共同研究者:Ismail Ipek 教授(トルコ)

  1. 基礎科学および工学教育における視覚化、European Journal of Contemporary Education、2019年3月

  2. New Trends in Educational Technology and Instructional Design Principles for Online and Remote Teaching, and Courseware Design, Education Sciences (MDPI), March 2022 (together with Prof. Ismail Ipek, Turkey).

学会組織

  • International Advisory Committee Member, The 3rd International Conference on Design, Analysis, Manufacturing & Simulation (ICDAMS 2018), Saveetha University, Chennai, India, April 6-7, 2018.

  • International Program and Technical Committee Member, International Conference on Advances in Big Data, Computing and Data Communication Systems - icABCD 2018 (supported by IEEE), Durban, South Africa, August 6-7, 2018.

  • International Program Committee Member, “Far East Con” International Scientific Conference, Far East Federal University, Vladivostok, Russia, October 2-4, 2018.

  • Scientific Committee Member, The 7th International Conference on Mechanics and Industrial Engineering (ICMIE’18), Madrid, Spain, August 16 - 18, 2018.

  • Technical Committee Member, Computing Conference (supported by IEEE), London, UK, July 10-12, 2018.

  • Technical Program Committee Member, IEEE 12th International Symposium on Applied Computational Intelligence and Informatics, Timisoara, Romania, May 17-19, 2018.

  • Technical Committee Member, International Conference on Electronics, Communications and Control Engineering, Maldives, March 6-8, 2018.

  • Technical Committee Member, The 2nd International Conference on Automation and Robotics, Maldives, March 6-8, 2018.

  • Program Committee Member, The 8th International Conference on Industrial Engineering and Operations Management, Bandung, Indonesia, March 6-8, 2018.

  • Technical Committee Member, The International Conference on Innovative Trends in Computer Engineering (sponsored by IEEE), Aswan, Egypt, February 19-21, 2018.

  • Program Committee Member, IEEE Global Engineering Education Conference (EDUCON), Tenerife, Spain, April 17-20, 2018.

  • Advisory Committee Member, The 7th International Conference on Industrial Engineering and Operations Management, Bogota, Colombia, October 25-26, 2017.

  • Technical Committee Member, The 8th International Conference on Mechanical and Intelligent Manufacturing Technologies- ICMIMT 2017 (supported by IEEE), Cape Town, South Africa.

  • Program Committee Member, The 7th International Conference on Industrial Engineering and Operations management, Rabat, Morocco, April 11-13, 2017.

  • International Program Committee Member, The International Conference on Industrial Engineering, Applications and Manufacturing ICIEAM-2017 (supported by IEEE), Peter the Great Saint Petersburg Polytechnic University, Saint-Petersburg, Russian Federation, May 16-19, 2017.

  • Technical Committee Member, The 8th International Conference on Computer Modeling and Simulation, Canberra, Australia, January 20-23, 2017.

  • Programme Committee Member, The 10th IEEE International Conference on Open Source Systems & Technologies, 2016.

  • Scientific Committee Member, Future Learning Conference, Istanbul University, Turkey, October 24-26, 2016.

  • Scientific Committee Member, Science and Information Conference (sponsored by IEEE), London, UK, July 28-30, 2015.

  • International Scientific Committee Member, The 1st International Mediterranean Science and Engineering Congress, Adana, Turkey, October 26-28, 2016.

  • Programme Committee Member, The 17th International Conference on Humans and Computers (HC-2014), National University Corporation - Shizuoka University, Hamamatsu, Japan, 2014.

  • Scientific Committee Member, Future Learning Conference, Istanbul University, Turkey, May 5-7, 2014.

  • Scientific Committee Member, The II. North American GeoGebra Conference (Ontario Institute for Studies in Education at University of Toronto, Canada, June 17-18, 2011.

  • Scientific Committee Member, The 3rd International Conference on innovations in Learning for the Future 2010: e-Learning (First Eurasia Meeting of GeoGebra), May 11-13, 2010, Istanbul University, Turkey.

  • Scientific Secretary, The International Conference on Information Technologies in Education and Fundamental Sciences, Tatar State University of Humanities & Education, Kazan, Russia, 2007.

ジャーナル評論

  • [Scopus] Journal of Information Technology Education: Research (JITE: Research), online ISSN: 1539-3585, print ISSN: 1547-9714, published by the Informing Science Institute, 131 Brookhill Court, Santa Rosa, California 95409 (USA).

  • [Scopus] Journal of Information Technology Education: Innovations in Practice (JITE: IIP), online ISSN: 2165-316X, print ISSN: 2165-3151, published by the Informing Science Institute, 131 Brookhill Court, Santa Rosa, California 95409 (USA).

  • [Scopus] Computer-Aided Design and Applications, ISSN 1686-4360, (USA).

  • [Web of Science (SCI), Scopus] Computer Aided Geometric Design, ISSN 0167-8396, published by ELSEVIER.

  • [Web of Science (SCI), Scopus] Computer-Aided Design, ISSN 0167-8396, published by ELSEVIER.

  • [Web of Science (SSCI), Scopus] Journal of Educational Technology & Society (USA), ISSN: 1436-4522.

  • [Web of Science (SCI), Scopus] IEEE Transactions on Image Processing, ISSN: 1057-7149, Published by IEEE Signal Processing Society, USA.

  • [Scopus] Abstract and Applied Analysis, ISSN 1085-3375, published by Hindawi Publishing Corporation (USA).

  • [Web of Science (SCI), Scopus] Applied Mathematics - A Journal of Chinese Universities, ISSN 1005-1031, published by Springer.